宣伝販促

【 ホビーショー(プララジ2003) 】
ホビー業界では毎年春と秋にホビーショーが開催されます
本来ホビーショーとはメーカー各社が夏季商戦、年末商戦に向けた流通へのプレゼンテーションの場
ということになっているのですが、近年本来の位置付けは既に形骸化していると言わざるを得ません
では、消費者向けのイベントになっているのかと言うと必ずしもそうでもなく、
出版媒体、自社サイトを通じて情報発信は自前で完結しているメーカーも多々あります

そうは言っても全ては出展する側の気の持ち様
春の静岡ホビーショウに続き秋の東京プララジでもホビー事業部ブースの一角を借りて
ポピーも出展することになりました

今回初のお披露目となる本企画
年末商戦期の発売という訳ではないのですが、事前告知の一環という事でクチコミ効果も期待しつつ
パネル展示を行う旨、部内の了承を取り付け、ホビーショーの時点では既に4機のCAD図面が
上がっていたので有効に活用させてもらいました


< ホビーショーで展示したパネル >

ホビーショー準備を進める中で、パネル展示の物足りなさはつのる一方
見ようによっては造形イベントとも言えるホビーショーだけに、何らかの立体物は欲しい
というのが人情で、いまや貴重な個人的ストックである1/72ドラゴンのP1101や
1/72レベルのホルテンをとりあえず作って置いておこうか・・・
などと葛藤しながら某販売店さんを見ているといいモノがありました
試作製作にとりかかったのはホビーショー開催1週間前
タイムアタックな作業の成果が下の画像だったりします



出展用試作の製作については画像をクリックして下さい

ボビー事業部ブースの一角にひっそりと間借りするポピーブース
展示物もボトルキャップ、ミニフィギュアと、ホビーショーらしからぬネタが並ぶとあって
スルーしていく人も数知れず(詳細は本館プララジ2003レポを参照下さい)
そんな中でも本企画に気付いてくれる奇特な方はいらっしゃるもので
ネタ的に川口以外の説明員は対応しきれないということもあって
会期中はほとんど専用説明員状態な川口ではありました

ホビー事業部時代には縁遠かった模型誌さんともパイプが繋がり、
旧知の某問屋さんでスケールものがお好みという方からも熱い支援のお言葉をいただき
個人的な気分では商談こそ無いものの本来的な意義が十分に生きたホビーショーだった
という実感は得られたのではありました


「Projekt Flieger」トップへ戻る /  INDEXへ戻る /  別館トップへ戻る

本館トップへ戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO