企画立案 〜プレゼンテーション〜

商品開発というものは「これをやりたい!」という意気込みが大事なのですが、意気込みだけでは
世の中思うようにはなりません
もちろん、企画開発を生業に、と夢を抱き企業の一員となったからには自分が何をやりたいのか
という明確な目標なり目的は不可欠なのですが、一人で仕事をしているならともかく、
単に「好きだから・・・」というだけでは企業のシステムは動かないのです

営業マンが客先で言葉巧みにセールスをかけるのと同様、開発マンは意思決定を行う上司
実際に販売を行う営業諸氏を理論或いは理屈で納得させねばならないのです

ポピーでは部員各人がネタを持ち寄り定期的にアイデア会議が行われます
その中で「PROJEKT FLIEGER〜第二次大戦ドイツの試作機・計画機〜」の提案を行い
企画検討の端緒が開かれた訳です

部員各人は自分が表現しやすい方法で企画案のプレゼンテーションを行います
アイデア会議では定型のフォーマットは特にありません
川口は通常パワーポイントで企画書的なビジュアル資料を作成しますが
下の画像は本企画の提案を行う際に使用したpptデータになります
クリックして頂くと擬似プレゼンテーションを御覧いただけます
注:プレゼンテーションを御覧になる時は文字サイズはにて御覧下さい


< プレゼンテーション時に使用したppt >

プレゼンテーション中、中途半端な物言いや、かなり強引な論理展開、ニガワラモノな表現等が
ありますが、これも企画を通す上での方便
プレゼンテーションとディベートを混同してしまう人も少なくはありませんが、
プレゼンテーションというのは自分の知識に酔うために行うものではなく、また、相手を論理で
捻じ伏せるものでもありません
あくまでも相手に納得、理解してもらうのが目的なので、時として識者が見ると噴飯モノな表現も
敢えて行います

チンプンカンプンな単語が並ぶプレゼンテーションは聞く気も失せるというもの
現実の数字を交える、既知の事例を織り交ぜる事で聞き手は自分なりのイメージを描く事が出来、
理解しようという前向きな意識に思考が向かう訳です

念のため記しておきますが、このプレゼンテーションの内容はあくまでも企画立案段階の案であり
実際の商品化の際の仕様とは異なることも十分にあり得ますので、額面通りに受け取る事の無きよう
お願い致します


「Projekt Flieger」トップへ戻る /  INDEXへ戻る /  別館トップへ戻る

本館トップへ戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO